(社)国際食学協会【食学入門講座】
sale
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

(社)国際食学協会【食学入門講座】

¥33,000

¥26,400 税込

20%OFF

送料についてはこちら

「食学」の基礎となる「身土不二論」や「陰陽調和論」から、「食材や調味料・道具のいろは」まで、知っておくべき基本を習得し、「食学」の基礎となる知識や考え方を身につけます。 【食学とは】 IFCA(国際食学協会)では、2005年の食育基本法成立に伴い、消費者志向でのさまざまな角度から調査・研究を行った結果「食育」を普及するためのキーワード、及び食文化・食の理論における知恵・学問・学術の総称を表す言葉として「食学」を定めました。 【カリキュラム】 理論1 「食学」の基礎知識  ●「食育基本法」制定、「食育」とは  ●「食学」とは何か、「食学」の基礎知識 理論2 「食養学」とは何か  ●「食養学」とは何か、「食養学」の五大理論  ●“ 人間は食べたものでできている”、食本主義(1) 理論3 人類穀食動物論  ●歯の構造・機能  ●歯の本数とPFCバランスの関係 理論4 身土不二論 理論5 一物全体論 理論6 陰陽調和論 理論7 食材・調味料の選び方  ●地産地消、オーガニック、有機JASマーク  ●伝統製法の調味料  ●食品表示の見方 理論8 砂糖の考え方  ●原料の陰陽について考える  ●砂糖(甘味)の選び方、推奨される砂糖の種類 理論9 動物性食品の考え方  ●動物性食品はなぜ控えるべきか  ●肝臓の本来の働きと解毒作用 理論10 望ましいライフスタイル「食学」を学ぶ  ●IFCAが推奨するライフスタイルのあり方  ●「食学」の学び方 実習1 料理の常識・基本  ●道具の常識  ●食材を活かす下ごしらえ  ●調理における配慮 実習2 道具のいろは、食材・調味料のいろは  ●い:推奨される道具の基本  ●ろ:推奨される道具の映像  ●は:シンプルなものを正しく使う 食材・調味料のいろは  ●い:推奨される食材・調味料の基本  ●ろ:推奨される食材・調味料の映像  ●は:食品・調味料の扱い方 実習3 調理の基本  ●火加減(弱火、中火、強火)・水加減(ひたひた、かぶる、たっぷり)  ●調味料の「さしすせそ」  ●計量スプーンの使い方 実習4 米の洗い方・炊き方  ●ゴミのとり方、洗い方  ●米の炊き方(圧力鍋、土鍋) 実習5 基本の下ごしらえ  ●野菜の下ごしらえ  ●豆腐の水切り(そのまま茹で、崩して茹で、重石)  ●乾物の戻し方(高野豆腐、大豆たんぱく、切干大根、ひじき、車麸、板麸 ) 実習6 包丁の扱い方・基本の切り方  ●包丁の手入れ方法(とぎ方)  ●包丁の使い方  ●基本的な切り方 実習7 だしのとり方・お味噌汁の作り方  ●だしに使われる食材・その扱い方(昆布、干し椎茸)  ●だしのとり方(煮出し・水出し)  ●お味噌汁の作り方 実習8 知って得する調理法  ●ウォーターソテーとは  ●ウォーターソテーのメリットと方法  ●ウォーターソテーを活用したおかずの作り方 模擬試験 学んだ内容の理解度をチェックできます 修了レポート 【修了証書の発行について】  修了レポートを提出していただくと修了証書を発行します 【食学入門講座修了レポート】  「e-ラーニングを通じて学ばれたこと、感じたこと」を200字以上(上限無し)で  ご記入いただきEメールにて下記までご送信ください。 【送信先】  国際食学協会  info@shokugaku.net ※修了レポート送信時に「お名前」「TEL」「修了証書送付先ご住所」をご記入ください。 【体験レッスン】  https://www.movie-lesson.com/lesson/health/ 【本講座の受講について】 1.講座は、Web上のMyPageでの受講となります 2.講座は、WindowsPC・MAC・スマートフォン・タブレットで受講できます 3.受講料のお支払いは コンビニ決済・PayPal・銀行振込・ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い 楽天ペイ・Amazon Payでの事前入金になります 4.受講手続き終了後、受講に必要な「ID/PW(pdf)」をダウンロードしてください。 5.受講期間は、「ID/PW」が到着後より6か月間となります 6.受講期間であれば何度でも受講できます 7.講座内容でわからないことがあったら、受講期間であればメールで質問できます 【講師】 鳴海 千紘(Chihiro Narumi) 国際食学協会 食学士/管理栄養士 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師などを経験。 管理栄養士という立場で活動する中、様々な場面で食と健康のつながりを痛感し、「おいしい食事」が、カラダを蝕むものであってはならないと、 ‘食の矛盾’を追及すべく、国際食学協会の食学士を修得。現在、「正しい食生活」の普及のために、国際食学協会/指導員として活躍中。1983年生まれ。